7月12日投開票の綾瀬市長選挙に現職の「古塩まさよし」氏の推薦決定!

綾瀬市長選挙は、7月5日(日)告示、7月12日(日)投開票で行われる予定です。

連合神奈川、県中央地域連合は現職の「古塩まさよし」氏を推薦決定しました。綾瀬市在住者への声かけなど、ご支援をよろしくお願い致します。

 

「活力と魅力、持続可能な綾瀬を創る」

古塩まさよしキャッチフレーズ

「小さな都市の大きな挑戦」を目指して、市民の皆様とともにまちづくりを「共同作品」として進めてまいります。

~プロフィール~

  • 1951年 綾瀬市吉岡に生まれる
  • 綾瀬小学校、綾瀬中学校、厚木高等学校卒業
  • 1975年上智大学文学部社会学科卒業
  • 1977年上智大学法学部法律学科卒業
  • 1977年 神奈川県庁に入庁

以来、都市計画、環境アセスメント、政策調整、行政改革等を担当。教育委員会管理担当課長、介護国民健康保険課長、高齢福祉課長を歴任

  • 2009年1月 綾瀬市副市長就任
  • 2016年3月 綾瀬市副市長退任
  • 2016年7月 綾瀬市長就任

古塩まさよしご本人からのメッセージをいただきました!

「市長に就任して以来、継続と革新を基本姿勢として、産業の活性化や子育て環境の充実など5つの政策を柱に、多くの政策を推進してきました。少子高齢化、人口減少社会に向けて、綾瀬市が今後とも持続可能な都市として発展していくためには、生活の質の向上、地域資源の活用、効率的な都市経営が不可欠です。まちづくりを市民との「共同作品」として進めてまいりますので、ご支援よろしくお願いいたします。」

(Visited 18 times, 1 visits today)