連合神奈川ピースウィーク ~核兵器ゼロの世界をめざして~

 1945年8月6日に広島、8月9日に長崎の上空に人類史上初めて原爆が投下されてから75年が経過しました。
連合神奈川としては、この8月の期間に「ピースウィーク行動」と銘打ち、各地で核兵器廃絶に向けた街頭行動等を展開しています。
西湘地域連合としても、毎年、連合神奈川ピースウィーク行動の一環として、中地区教育文化研究所主催の「親と子で考える平和学習会」にて啓蒙活動を実施してきましたが、今年度はコロナ過のため、Webでのメッセージ掲載とさせて頂きます。
「平和」であることがあたりまえと思われている昨今、あらためて、核兵器の壮絶な被害を忘れず、核兵器廃絶による世界の恒久平和の実現に取り組んでいく必要があると考えますので、コロナ過で具体的な行動が難しい状況にありますが、今後も継続して活動していきましょう。
                                     西湘地域連合
                                     議長 大薗 克巳

◆首長メッセージ(PDF)

平塚市 落合市長、秦野市 高橋市長、伊勢原市 髙山市長、大磯町 中﨑町長、二宮町 村田町長