2019春季生活闘争がスタート、経営側に対する連合の見解!

2月5日(火)、連合本部は経団連トップと春季生活闘争についての懇談会を実施し、2019春季生活闘争がスタートしました。連合からは「引き続き『月例賃金』の引き上げにこだわり、『上げ幅』のみならず『絶対水準』にこれまで以上に重きを置いて取り組んでいく」ことを述べました。

【PDFファイル】経団連「2019経営労働政策特別委員会報告」に対する連合見解

Follow me!