寒川町、茅ヶ崎市に2021年度に向けた政策・制度要求と提言を提出!

9月11日(金)、湘南地域連合から寒川町の木村町長、茅ヶ崎市の佐藤市長に対して「2021年度政策・制度要求書」を提出しました。内容については、連合神奈川と地域連合の統一要求項目を中心に「持続可能な環境整備」「公契約条例の制定」「災害に強い自治体」「新型コロナウイルス対応」について要求しました。
寒川町の木村町長からは、「地域連合とは同じ方向を向いているものも多い。少しでも要求内容について前進が図られるよう回答を調整したい」といったコメントをいただいたほか、茅ヶ崎市の佐藤市長からは、「コロナ禍で職員の業務内容についても様々な変更が生じた。元の形に戻すのではなく、これ機会に働き方を変えていきたい」との考えが示されました。今後、回答に向けて事務レベルで折衝を続けていきます。
(Visited 39 times, 1 visits today)