2022年度に向けた政策・制度要求と提言(はじめに)

 相模原地域連合では、連合運動の目ざす「働くことを軸とする安心社会」を実現するために、「政策・制度要求と提言」について、最も重要な運動のひとつと位置付けて、継続した取り組みを進めてきました。

 2022年度に向けての「政策・制度要求と提言」は、持続可能な目標「SDGs」の考え方を念頭に、災害や感染症など、私たちの生活が一変する様々な環境変化が起こる中でも、相模総合補給廠の一部返還によるまちづくりの推進や交通インフラの加速度的な充実をはじめとする、全国の政令指定都市の中で一際高いポテンシャルを有する相模原市の地域連合として、すべての働く者とその家族が「働くことを軸とする安心社会」が実感できることを政策の中で新規・補強項目として策定しました。

 この「要求と提言」は、相模原で働く労働者の代表として、相模原において「働くことを軸とする安心社会」を実現するために、勤労者の生活実態・実感を踏まえ、8つの政策項目を論議し策定したものです。相模原地域連合は、私たちの「要求と提言」を実現するため、力強く運動を展開していくこととします。

2022年度に向けた政策・制度要求と提言(全文)

◆基本的な連合神奈川の考え方PDFファイル

◆重点政策概要版PDFファイル

相模原地域連合の政策・制度要求と提言の重点政策については、課題を絞り込み相模原市に提出し、毎年文書回答を受けています。

1.経済産業(地域経済、産業、資源エネルギー、中小企業政策、まちづくり全般) 詳細は別途PDF

2.雇用労働(雇用・労働、ワーク・ライフ・バランス、障がい者・外国人労働者に対する雇用、 非正規労働者、男女平等) 詳細は別途PDF

3.福祉・社会保障(福祉・社会保障、子育て支援、医療関係) 詳細は別途PDF

4.社会インフラ(社会制度、交通関係、情報通信) 詳細は別途PDF

5.環境(環境、食料・農林水産、消費者、防犯・防災関係) 詳細は別途PDF

6.教育・人権・平和(人権・平和、教育、国際、基地関係) 詳細は別途PDF

7.行財政(政治、行財政改革、国際、地方分権・地方自治) 詳細は別途PDF

8.新型コロナウイルス感染症拡大防止関連 詳細は別途PDF

【個別案件】<交通(道路)施策に関する生活要望について> 詳細は別途PDF