日本労働組合総連合会神奈川県連合会
Home リンク集 サイトマップ   地 図  
 神奈川シニア連合第23回定期総会を開催
 
 神奈川シニア連合(会員33,239名)第23回定期総会は2014年11月25日(火)14:00からワークピア横浜で代議員、役員、来賓あわせて145名が出席し開催されました。
 総会は臼井副会長(神教協)の司会で始まり、議長団に実野(電機連合)石井(全水道)の両代議員を選出し進行が行われ、先ず、新田会長(JAM)からの挨拶がありました。
  来賓挨拶は冒頭に民主党県連代表の金子洋一参議院議員、副代表の牧山ひろえ参議院議員から「今回の解散は688億円も使う大義なき解散であり、総選挙に向けて頑張る」等の挨拶がありました。引き続き日本高齢・退職者団体連合の林事務局次長、神奈川県・中村労政福祉課副課長、横浜市・渡辺雇用労働課長、川崎市・西之坊労政担当課長、全労済神奈川県本部・廣田本部長、中央労働金庫神奈川県本部・野村本部長、関係福祉団体を代表し神奈川県労福協・市川事務局長からそれぞれ挨拶を受け、最後に連合神奈川・柏木会長から「@東日本大震災で神奈川県に居住している高齢者への支援、A連合の組織拡大の取り組み、B労働法制の改悪の動き、C来年の統一地方選は推薦候補100%当選の方針を決めた。衆議院が解散となり、『大義なき、ふざけんな解散となった』D労福協と協力し安心して生きられる社会をつくる」等の挨拶を受けた。議事に入り、経過報告、会計報告を池田事務局長(電力総連)、監査報告を塩田監査(自動車総連)が報告した。
 その後、永井副会長(自治労)から「活動方針案」池田事務局長から「予算案」が提案され、方針では補強意見として「@若い人に向けた運動で行っている高校生の平和大使派遣の支援を、A福島原発で働いている人の労働条件改善を、B福島の子どもへ支援の取り組みを」との発言を受けて、活動方針等は満場一致で採択されました。その後、新たに加盟したフード連合全たばこ退職者会・室田常任幹事から挨拶を受けました。最後に石井総会議長より「スローガン案」高橋副会長(自動車総連)より「総会宣言案」、池田事務局長から「特別宣言」が提案され満場一致で採択され、新田会長の音頭で「団結頑張ろう」を三唱し終了しました。 
 
 ス ロ ー ガ ン
メインスローガン
「生れ、学び、働き、家族を作り,老いていく」 こうした人生のステージを安心して送れる社会をつくろう! 
サブスローガン 
○超少子高齢社会へと激変する社会構造に対応できる安心・信頼の社会保障制度を確立しよう!
○神奈川シニア連合の組織拡大と強化を図り、地域に密着した高齢者運動の構築に向け努力しよう!
○介護保険制度の充実を求め市町村への要請行動を展開しよう!
○憲法9条、96条の改悪を阻止し、平和憲法を守ろう!
○被爆国の責任として、核兵器廃絶を世界に発信しよう!
○エネルギー政策を見直し、原発ゼロに向けた方策を追求しよう!
○「東日本大震災」を風化させないよう温かい支援を続けよう!
○現・退一致で民主党の躍進を期し、12月の総選挙に勝利し、第18回統一自治体選挙で推薦候補者全員の当選を期そう! 
 
神奈川シニア連合新田会長 新年のご挨拶 
年末総選挙で変わらなかった「一強多弱」
      民意が反映できる政権交代の受け皿創りを 
  新年あけましておめでとうございます。ご家族おそろいで新たな年を迎えられたこととお慶び申し上げ、併せて皆様のご健勝を祈念申し上げます。

 安倍首相の「大義なき解散」は、「勝てるうちの解散」そのもので、それは野党の不意をつき、長期政権への確かなレールを敷くためのもので、結果は、自・公が衆議院で2/3の議席を占める326議席を獲得、「一強多弱を再現」し、安倍首相の狙い通りとなったのです。しかし52.66%という戦後最低の投票率を「政治不信」の表れとして安倍首相は受け止めるべきです。

 自民党の勝利は、「アベノミクス」の効果を全国に行き渡らせると言う安倍首相の言葉を本当に信じた結果なのでしょうか。新聞各社の調査では、「アベノミクスで景気が良くなると思うは・・・20〜30%」にとどまっている現実からは、この勝利を説明することは出来ません。
 それはアベノミクスによる円安と、株高は、輸出産業の大企業や一部の富裕層に大きな利益をもたらしたものの、大半の国民は消費税とアベノミクスによる円安で輸入品の値上がりで苦しい生活を強いられ、社会的格差は拡大し、貧困は高齢者ばかりか若年層にも深く広がってきているのです。今の日本は先進国で貧富の差が最も大きい国の一つになっているのです。

 自民党は4閣僚の政治資金不正が発覚、党を大きく揺さぶり、目玉であった女性2閣僚の更迭などで、自民の支持がダウンしたのに、なぜ現状維持の議席が取れたのか、それは、「自民党に代わるましな政党がない」「どの野党も政権批判の受け皿になれなかった」ことに尽きるのです。
 とりわけ民主党は前回の衆院選で惨敗し政権を自民に渡したのに、厳しい反省もなく、国民の信頼回復にむけた策もなく、この選挙でも安倍批判に重点がおかれ、10年先の、団塊の世代が75歳を超える2025年を展望した政策的選択肢を示すこともしなかった。ましてや野党第1党が衆院解散を奇襲として、候補者さえ満足に揃えることもできない、その不用意さは野党第一党の資格に欠けると言えよう。歴史的低投票率が示す政治不信は野党第一党の民主党にも責任があることを自覚しなければならないのです。

 安倍政権は一強多弱を良いことに、「やるべきことをやらず、やるべきでないことをやる」。かなり乱暴な国会運営をやってきました。それは、消費税に係る低所得者対策、子供の貧困への対策、特定秘密保護法の強行採決、武器輸出3原則の転換、集団自衛権の閣議決定、原発依存への回帰、社会保障制度の改悪などです。

 懸念されることは、こうした横暴ぶりが年末の選挙結果によって一段と強まることです。その象徴は憲法96条が定める改憲発議を、国会の「2/3」から「過半数」へ緩和することに執念を燃やした首相が「自主憲法の制定」に向けて強硬路線を突っ走ることです。戦後70年間、戦争で「人を殺すことも殺されることもなく」平和な日本で過ごすことが出来たのは、「戦争放棄の9条」があったからで、日本は世界からも「平和国家」として認知されてきたのです。この貴重な財産は何としても守り抜かねばなりません。

 社会保障に対する自民党の理念は、「自立・自助」であり、民主党のそれは「共助・公助」です。これからの超高齢社会にあって、この理念の違いは制度に決定的な影響を及ぼさずにはおきません。昨年12月に厚労省が示した年金減額拡大(案)は絶対認められません。
 民主党は何よりも野党第一党としての責任を果たすため、しっかり纏まり代表を選び、平和を守るために、そして一段とスピードを上げて進む超少子高齢社会に向けて「安心の社会保障制度」をどう築くかを国民に示し、自民党に迫っていかなければならないのです。民主党頑張れ!
横浜市中区山下町24-1 ワークピア横浜4F  電話:045-211-1133 FAX:045-201-8866
Japanes TradeUnion Confederation-Kanagawa All Rights Reserved