日本労働組合総連合会神奈川県連合会
Home リンク集 サイトマップ   地 図  
STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現
5.27中央総行動・全国統一集会IN神奈川 を開催 
労働分野の規制緩和を許さない… 
 5月27日(火)、大きく社会全般に「労働分野の規制緩和を許さない」ことをアピールすることを目的に「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現 5.27中央総行動・全国統一集会IN神奈川」を開催した。
 この集会は、47都道府県における同時刻一斉開催であり、全国の総参加者数は約22000人となった。また、初の試みとして、インターネット中継が行われ、日比谷本会場での連合本部古賀会長の挨拶や、他の地方連合会の集会アピールなどの映像が「運動をつなぐ」と題して全国に配信された。

 インターネット中継の後に行われた神奈川集会では、冒頭柏木会長から「政府は、労働時間規制の適用除外を大幅に拡大し、長時間労働を誘発し残業代を払わない新たな労働時間制度の創設など、労働者保護ルールの大改悪を画策している。このままでは、ホワイトカラーどころか、フルカラー・イグゼンプションにまでなる危険性がある。一方、国会では、労働者派遣法の改悪審議が始まろうとしている。この動きは絶対に止めねばならず、労働環境そのものが大変な状況になりかねない。将来に向け、今がふんばりどころである。労働者保護ルールの改悪に我々の力を結集してストップをかけよう」と挨拶した。
 続いて民主党神奈川県連の金子代表から「労働者保護は、岩盤規制などではなく、人権であり、緩和の対象にはなり得ない」と対立軸を持って活動していく旨の挨拶があった。
 その後、神奈川総合法律事務所の鵜飼弁護士から『労働法制規制緩和の本質と狙い』をテーマとした講演を受け、労働基準法をはじめとする労働者保護ルールは、働く者が人間らしく生活を営むための基本的なルールであることを様々な角度から話していただいた。
 集会のラストは、柏木会長のがんばろう三唱で締めくくられた。
 なお、神奈川会場のワークピア横浜には、構成組織および地域連合、議員団会議から220名の参加があった 
 
 
横浜市中区山下町24-1 ワークピア横浜4F  電話:045-211-1133 FAX:045-201-8866
Japanes TradeUnion Confederation-Kanagawa All Rights Reserved