日本労働組合総連合会神奈川県連合会
Home リンク集 サイトマップ   地 図  
 
 
 賃金関係
  • 働いた賃金が支払われない。(時間外、休日分などを含む)
  • 賃金の不払いは、労働基準法違反です。連合神奈川の相談室に相談して下さい。
  • 賃金が一方的に大幅に減額された。
  • 賃金は労働契約や就業規則で決められています。これを変更するためには、就業規則の変更手続きや労働契約の変更が必要です。一方的に変更することはできません。
  • 会社が倒産して、賃金や退職金が支払れていない。
  • 労働債権(未払い賃金、退職金など)は、雇用関係がなくなってから6カ月以内であれば、国の立替払制度で80%が確保できます。連合神奈川の労働相談室に相談して下さい。
 労働条件・社会保障関係
  • 就業規則をみたことがない。
  • 10人以上の事業所では、就業規則を作成し、監督署に届出るとともに、従業員がいつでも閲覧できる場所におかなければなりません。
  • 雇用保険、健康保険、厚生年金に加入していないのだが・・・・・・。
  • パート労働者を含めて、原則雇用保険は週20時間以上働く労働者は加入させなければなりません。健康保険・厚生年金は週30時間以上働く労働者には加入させなければなりません。
  • 半年以上勤務しているのに有給休暇が付与されていない。
  • 半年以上、80%以上勤務した労働者には、週の労働時間によって日数は違うが有給休暇を付与しなければならない。
 セクハラ・パワハラ・女性差別
  • 職場で上司からセクハラ・パワハラをうけています・・・・・・。
  • セクハラについては、使用者は相談窓口を設置したり、就業規則等で防止の対策を講じなければなりません。
    パワハラを含め労働契約法にの「安全配慮義務」違反の可能性もあります。連合神奈川の労働相談室に相談して下さい。
  • 妊娠したことを会社につげたら、辞めてくれといわれた。
  • 妊娠、出産などを理由とした解雇その他不利益な取扱いを行うことは禁止されています。
 
 労働問題の相談・労働組合づくりの相談は
 労働組合づくり・加入、労働問題のご相談は連合まで。原則として月〜金曜日の9時半〜17時半まで専門の相談員が相談に応じています。
直接電話される場合は、フリーダイヤルの場合は、0120−154−052に電話して下さい。神奈川県からおかけの電話は、連合神奈川労働相談室につながります。

一般電話の場合は、045−211−1133(労働相談担当)でも受け付けています。

直接、来訪される場合は、連合神奈川の中に相談室がありますので、ご来訪下さい。

 
悩み事・知りたいこと等、なんでも相談は 
 連合神奈川と労働福祉団体で「ライフサポートセンターをつくり、労働相談に限らず日常生活を送っていく上で起こるさまざまな悩みや問題の相談を受け付けております。
どこに相談したらいいんだろう…? どうしたら良いのだろう…? そんな悩み、問題に対して専門家による「なんでも相談」を無料で行っております。 
 
 
横浜市中区山下町24-1 ワークピア横浜4F  電話:045-211-1133 FAX:045-201-8866
Japanes TradeUnion Confederation-Kanagawa All Rights Reserved