日本労働組合総連合会神奈川県連合会
Home リンク集 サイトマップ   地 図  
 国・県民運動          
 
  いろいろな国・県民運動を展開しています
  連合神奈川は、各種の県民・団体と連帯してのイベント、社会貢献の取り組みを行っています。連合神奈川の「住民と連携する運動」、「働く者のイベント」として平和運動、育林運動、。環境クリーンキャンペーン、交通安全キャンペーン、人権の取り組み、また、福祉の充実、雇用の確保、産業の活性化、福祉の充実、基地の撤去、教育の充実、行政改革などさまざまな改善・改革について「政策・制度要求と提言」として掲げ、自治体・議会などにその実現を働きかけています。
 また県内9つの地域連合では平和運動、育林運動、。環境クリーンキャンペーン、交通安全キャンペーン等について連合神奈川と共に取り組むと共に、独自に「福祉(とくに障がい者と連帯)」「まちづくり」など取り組みを行っています。
 このほか、連合神奈川に加盟する多くの組合は、独自に障がい者との連帯・支援など各種取り組み、国内外へのボランティア活動など、幅広い取り組みを行っています。
 
◆「かながわ勤労者ボランティアネットワーク(Vネット)」の取り組み
  連合神奈川は神奈川県労働者福祉協議会(労福協)などと協力して「かながわ勤労者ボランティアネットワーク(Vネット)」としてボランティア育成講座、ボランティア人材ネット(チームVネット)、帰宅困難者訓練など幅広いボランティアの取り組みを行っています。
●かながわ勤労者ボランティアネットワーク(Vネット)第14回定期総会を開催
●2015年度事業計画を決定/かながわ勤労者ボランティアネットワーク(Vネット)第13回定期総会を開催…リンク 
●災害ボランティア人材バンク(チームVネット)を結成…リンク 
◆ヒロシマ、ナガサキ、オキナワ連合平和集会など平和運動 
 連合は、憲法の理念を尊重し、核兵器廃絶をめざして毎年夏には、全国の地方連合会から代表が参加して沖縄、広島、長崎でそれぞれ平和集会を開催しています。連合神奈川は、これらの集会に積極的な参加を図っています。 また、連合神奈川・地域連合は、8月にはピースウイークを設定してキャンペーン活動を行っています。 
●2015平和行動inヒロシマに参加して(参加者からの報告) …リンク
●2015平和行動inナガサキに参加して(参加者からの報告) …リンク
●連合「2015平和行動in沖縄」に参加して(参加者からの報告)…リンク
◆北方領土返還要求運動 
  北方領土返還要求運動神奈川県民会議が市民団体、商工団体などでつくられ、大会、講演会などの取り組みを行っており、さらに根室市の北方領土の見える現地視察に取り組んでいます。
また、連合は北方領土返還の平和集会を毎年、根室で開催し、連合神奈川も参加しています。
●「2014平和行動in根室」に参加して連合関東ブロック代表団参加者報告 …リンク
「目で見る北方領土2014」に参加して 北方領土返還要求運動神奈川県民会議視察研修…リンク 
連合北方領土返還要求「平和行動in根室2013」に参加して…参加者からの報告…リンク 
−目で見る北方領土2013−北方領土返還要求運動神奈川県民会議視察研修に参加して…リンク 
 
◆エコライフ運動
 地球温暖化防止に向けて、連合は早くからエコラフ運動として職場・組合活動・家庭からそれぞれ地球環境にやさしいライフスタイルづくりを呼びかけています。 例えば、冷暖房の温度設定、夏のノーネクタイ、その他、目標を設定してそれぞれの場所で取り組みを行っています。
◆育林(植樹・下草刈り・枝打ち)
 連合神奈川は、結成10周年記念として「平和・共生、確かな明日を」をキャッチフレーズに2000年度の事業を進め、その一環として「連合神奈川の森」を丹沢大山国定公園内・やどりぎ水源林に創設しました。以来、神奈川県勤労者育林祭として労福協とともに毎年100人〜150人規模で、植樹、枝うち、間伐などを行っています。また、「県労福協・労住協の森」も隣接しています。 
 また、「みどりのダム」としての森や水田の重要性が増しており、98年、99年は、延べ200余名が参加して、民有林で県が管理する山林に植樹し、その後下草刈り、枝打ちを実施してきました(現在は休止中)。
2015年度神奈川県勤労者育林祭「やどりき水源林のつどい」
●2014年度 神奈川県勤労者育林祭「水源林のつどい」を開催 
◆環境クリーンキャンペーン運動 
 連合神奈川は結成(1980年)以来、毎年、環境美化運動に取り組んでいます。主として、公園・河川・海岸・道路などの清掃活動を行い、現在は地域連合を実施主体として、県内30か所以上、延べ参加人員3000〜4000が参加しています。地域によっては自治体・市民と一緒に取り組んでいます。 
震災時 帰宅困難者対応訓練/東日本大震災避難者連帯事業 
 連合神奈川は、数年来震災時における帰宅困難者対策訓練を実施してきましたが、2012年からはとくに、地域連合、各自治体(後援を含む)、労働福祉団体、防災ボランティア団体等で実行委員会を結成して取り組んでいます。取り組みの内容も、徒歩による訓練だけでなく、防災支援施設見学や啓発、津波想定の避難など工夫を加えました。 
東日本大震災避難者連帯事業〈おいでよ!かながわ パート3〉 を実施
●東日本大震災避難者連帯事業(第3期)の取り組み 
●2012年の震災時 帰宅困難者対応訓練(横浜、川崎、湘南、横須賀のコースで実施)…リンク 
●第2期 東日本大震災避難者蓮台事業に取り組み…リンク 
避難者家庭を対象に高校入試説明会を開催…リンク 
 
◆交通安全キャンペーン運動 
 1980年以来毎年、12月に期間を設定して、飲酒運転の追放、迷惑駐車の追放、シートベルトの着用など交通安全を訴えるキャンペーンを行っています。組合の組織の中で徹底すると共に、県内の街頭で、延べ数百人が参加して取り組んでいます。 
◆人権メッセージ展への参加                                
 著名人人権メッセージの展示と、来場者の短冊に書かれた人権メッセージ「人権の木」に掲げ、人権をアピールする取り組みが毎年行われています。神奈川県、人権団体などが実施するもので、連合神奈川もその協力を行っています。
「第16回人権メッセージ展」への協力参加リンク 
◆メーデーの開催 
 働く者の祭りとして緑の週の初日に「かながわ中央メーデー」を開催しています。また、地域連合でも神奈川県内10地区で、それぞれメーデーを開催しています。2011年は、震災支援・震災による会場確保等から中止しました。
●2016年の第87回かながわ中央メーデーを4月29日、浜・臨港パークで開催しました…リンク 
●2015年の第86回かながわ中央メーデーを4月28日、浜・臨港パークで開催しました…リンク 
第86回メーデー東日本大震災カンパ活動の結果〜ご協力ありがとうございました〜 
◆この他にもいろいろな取り組みを行っています 
地域連合・地域労福協は、地域勤労者祭り、障害者支援チャリティー活動、その他ボランティア活動を行っています。
ゆうあいピック大会(神奈川県知的障害者スポーツ振興協議会主催)にボランティア協力を行っています。
6月を男女平等月間として男女平等、女性の権利確立、均等雇用などを訴えると共に、組織内での均等雇用、また、国際女性デーの集会に参加し女性の人権アピールなどを行ってます。
 
 
 
 
 
 
横浜市中区山下町24-1 ワークピア横浜4F  電話:045-211-1133 FAX:045-201-8866
Japanes TradeUnion Confederation-Kanagawa All Rights Reserved