日本労働組合総連合会神奈川県連合会
Home リンク集 サイトマップ   地 図  
2016春季生活闘争方針−そのU 
 
 連合本部は、2016 春季生活闘争第1回中央闘争委員会、第2回中央闘争委員会)を開催し、2016春季生活闘争の今後の進め方について協議し、以下の通り確認されました。
 本確認内容を踏まえ、連合神奈川としての主な諸行動を示し、取り組んでいくことにします。
 
1.第1回中央闘争委員会 確認事項(要旨)
(1)構成組織における2016闘争体制の確立に向けて
構成組織は、すべての働く者の賃金の「底上げ・底支え」「格差是正」の実現を通じて日本経済の「デフレからの脱却」と「経済の好循環実現」をはかる。とりわけあらゆる手段を用いてそれぞれの産業全体の「底上げ・底支え」「格差是正」に寄与する取り組みを展開するという内容に沿って、それぞれ闘争方針と闘争体制の確立をはかる。

(2)共闘連絡会議の開催
部門別共闘連絡会議は適宜、第1回書記長・事務局長会議を開催する。参加構成組織の要求内容を把握し、より主体的な闘争を進めるために、情報交換および情報開示を進めていく。「中核組合」「先行組合」「中堅・中小組合」の確認を早期に行い、「中核組合の賃金カーブ維持分・賃金水準」および「代表銘柄・中堅銘柄」の早期開示をはかる。

(3)「底上げ・底支え」「格差是正」の取り組み
2016春季生活闘争において実現をめざす重要な目標である様々な格差(企業規模間、正規・非正規間・男女間など)の是正をめざし実効性ある取り組みを行うための準備を進めていく。構成組織においては、最低到達水準を確保する点検を行う。地方連合会は、連合リビングウェイジに基づく最低到達水準、および地域ミニマム運動に基づく地域の職種別賃金相場を広く開示し、地場の賃金相場の社会的波及を進める。

(4)職場点検活動の実施
単組は職場点検活動を行い、法律・労働協約の遵守や安全問題への対応を徹底させ、公正なワークルールの確立をめざす。また、2016春季生活闘争方針を踏まえ、長時間労働の撲滅に向け年次有給休暇の取得促進や支部単位での労使コミュニケーションの強化などに取り組むこととする。

(5)社会対話の促進
連合本部は経済同友会(12月11日)や経団連(1月下旬予定)とのトップ懇談会等経済団体との協議を通じて労働側の主張を明確にしていくとともに、「クラシノソコアゲ応援団 ! 2016 RENGOキャンペーン」と連動し広く社会に向けてアピールする。
地方連合会は、開かれた春季生活闘争や地域活性化に向けたフォーラムを開催するべく、実施に向けた諸調整を促進する。

(6)組織拡大の取り組み
構成組織は春季生活闘争の中で、パート・有期契約労働者など企業内未組織労働者の組織化と子会社・関連会社などでの集団的労使関係の構築に取り組む。

(7)2月末までの要求提出と回答引き出しに向けた交渉配置
構成組織・単組は2月末までに要求を提出し、3月末決着に向けた交渉配置を行う。
2016春季生活闘争におけるヤマ場の設定は以下の通りとする
第1先行組合回答ゾーン 3月14日〜18日(最大のヤマ場:3月16日)
第2先行組合回答ゾーン 3月22日〜25日
具体的な戦略・戦術については、交渉状況等を踏まえ、別途確認する。

2.第2回中央闘争委員会 確認事項(要旨)
(1)経団連「2016 年版経営労働政策特別委員会報告」に対する連合見解
経団連は1 月19 日、「2016 年版 経営労働政策特別委員会報告−人口減少下での経済の好循環と企業の持続的成長の実現」(以下「報告」)を発表した。連合は「報告」に対し総括的に以下の見解を示すとともに、経営側に対して労働組合の主張を徹底していく。(1 月19 日付「経団連「2016 年版 経営労働政策特別委員会報告」に対する連合見解」参照)
「報告」は序文で「デフレからの脱却は、もう一息のところまできている。わが国経済再生の歩みを、ここで止めてはならない。2016 年の労使交渉・協議においては、こうした「社会的要請」を十分に考慮しながら、労使で懸命に知恵を出し合い、自社の成長の果実をわが国経済の活性化へとつなげる方策を実行することが求められる。」としている。まさに、「社会的要請」に労使はその役割と責任を果たすべきである。そのためにも、月例賃金の引き上げが必要である。
また、「人口減少という国家的な課題と経済の好循環の実現への対応を念頭におきながら、賃金はもとより、多様な人材の活躍促進や、働き方・休み方改革などについてもさまざまなメッセージを込めた」としている。連合の課題認識と共有する部分も多いが、税・社会保障のあり方など相互理解をさらに進めるべく意見交換を行っていきたい。
「労使パートナーシップ対話の深化」を掲げ、「労使協議や職場懇談会を通じた労使対話は、実施企業の多くがその成果を認めており、わが国企業の経営上の強みである集団的な課題解決機能の維持と強化に効果的である。労働組合の有無にかかわらず、すべての企業が意識的に従業員への働きかけを強めながら、自社に適った形で労使コミュニケーションを図り、さらなる労使関係の安定・深化に取り組むことが望まれる。」などとしている。グローバル競争において日本の競争力を維持・強化するため、さらなるコミュニケーションの強化に労働組合も努めていく。

(2)中小企業における取引関係に関するアンケート調査(速報)について
連合は2015 年10 月に中小企業20,000 社を対象に、「中小企業における取引関係に関するアンケート調査」を実施した。1 月末を目処に締め切ったうえで最終集計を行うが、2015 年12 月時点で回答があった2,090 社分について「2015年10 月中小企業における取引関係に関するアンケート調査について(速報)」としてまとめた。取引に対する課題が散見されることから、中小企業庁など行政への要請や経営者団体との協議を行いながら、2016 春季生活闘争で掲げたサプライチェーン全体で生み出した付加価値の適正な分配と現場の生産性向上の努力に報いるための取り組みに活かしていくこととする。

3. 連合神奈川における「2016春季生活闘争」今後の主な取り組み
(1)中小支援センターの取り組み
2月初旬より中小労組春闘オルグを開始します。
2016春季生活闘争中小学習会開催
日 時  2016年2月19日(金)18時30分〜
 場 所  ワークピア横浜「かもめ」 規模 60名
  演 題  2016春季生活闘争・中小共闘の取り組みと課題
講 師  連合労働条件・中小労働対策局長 大久保 暁子 氏

(2)神奈川ミニマム運動の取り組み
 @取り組み経過
   これまでの地域ミニマム運動では、集約された実態調査結果の全産業男女計の第1十分位を基本に、各地方連合会で35歳を基本年齢とした5歳ポイント毎の「地域ミニマム賃金」を設定し、それ以下の賃金水準の労働者をなくす運動を展開してきた。
   また、春闘の取り組みの展開においては、「到達水準目標」「最低到達水準値」「地域ミニマム賃金」を設定してきたが、構成組織が掲げる到達目標との整合性の観点から実効性という点で課題となっていたことなどを踏まえ、2015春闘方針では、格差是正、底上げ・底支えの機能に特化するべく、連合リビングウェイジをもとにした「最低到達水準」を設定することにした。併せて、実態調査で集約された各地域における業種毎の賃金水準(特性値)を広く情報開示することで、地場の賃金相場形成・波及を推進する取り組みを展開した。 
A2016地域ミニマム運動の年齢別賃金特性値表 
図 7_7 
 
B連合神奈川としてのミニマム基準設定
連合神奈川におけるミニマム基準の設定については、全産業の賃金水準が把握できていないものの、これまで地域ミニマム賃金設定が可能となる目安としての、「300人未満の中小労組を基本に、3,000名分以上の目標」はクリアーできていることから、上述の「年齢別賃金特性値表」および「産業別特性値表」の第1十分位を、連合神奈川としての2016春闘におけるミニマム基準の参考値として設定することにします。
   構成組織は、上述したミニマム基準を元に、地域における職種別賃金の相場観を高める運動を進めていくことにします。
なお、今後、全産業の賃金水準が把握できる様、地域ミニマム運動への一層の協力を求めることにします。

(3)組織拡大等の取り組み
 @春闘を通じた組織拡大
交渉期間の前後を通じ、未組織・未加盟組合への情報提供、相談対応を積極的に進めることにします。「クラシノソコアゲ応援団!2016 RENGOキャンペーン」との連動を図りながら、「連合神奈川の日」における街宣活動など、「目に見える連合神奈川」をアピールしつつ、組織拡大の運動に寄与していくことにします。

Aまちかど労働相談の実施
「まちかど労働相談」を4月2日(土)、5月14日(土)、7月23日(土)、11月23日(水)13時〜新都市プラザ(横浜そごう前)にて開催していくことにします。

B連合神奈川 春季生活闘争・参議院議員選挙勝利総決起集会
  日 時   2016年3月4日(金)18時30分〜
   場 所  関内ホール   規模 1,200名
    〔第一部〕○主催者代表挨拶 連合神奈川 柏木 会長
○基調講演  連合本部 安永 副事務局長
○産別代表決意表明
         ○集会宣言(案)採択 連合神奈川青年委員会
    〔第二部〕○主催者代表挨拶
         ○来賓挨拶
         ○候補者決意表明(比例候補12名、選挙区候補1名)
         ○団結ガンバロー

(5)要求内容・交渉状況の把握
   構成組織の要求内容・交渉状況・回答内容を適宜把握し、中小労組・連合ユニオン神奈川・神友連の交渉に役立てていくことにします。
   ついては、別紙「連合神奈川2016春季生活闘争要求・回答一覧」の通り、全構成組織における要求と回答内容の報告を求めていくことにします。
   なお、既存の集計表がある場合は、そのまま提出頂くことを可とします。

3.当面の日程(連合神奈川)

2016年 1月〜4月 中小労組春闘オルグ

 
2月4〜6日
2月19日
「全国一斉集中労働相談ダイヤル」
2016春季生活闘争中小学習会
  3月4日 2016春季生活闘争.参議院選挙挙勝利総決起集会
  1月〜3月 春季生活闘争地域連合学習会・参議院選挙決起集会
  4月2日 春季生活闘争まちかど労働相談
  5月14日 春季生活闘争まちかど労働相談
横浜市中区山下町24-1 ワークピア横浜4F  電話:045-211-1133 FAX:045-201-8866
Japanes TradeUnion Confederation-Kanagawa All Rights Reserved