日本労働組合総連合会神奈川県連合会
Home リンク集 サイトマップ   地 図  
 政策活動-実現に向けて     
 
県中小企業経営者協会との意見交換会を開催 
  3月28日(月)神奈川県中小企業経営者協会と連合神奈川との意見交換会が開催され、両団体から春季生活闘争を中心にした課題提起が行われ、そのあと中小企業に関わる様々な意見が交わされた。
 
連合神奈川政策フォーラムを開催〜電力自由化について考える〜 
  連合神奈川では、今年度の政策制度要求と提言の活動を開始するにあたり、3月8日(火)ワークピア横浜において政策フォーラムを開催した。今年の政策フォーラムは「電力自由化の課題と展望」と題し、国際環境経済研究所理事・主席研究員の竹内純子さんを講師に、「電力小売り自由化とは何か」をテーマとして講演いただいた。
 
 平成27年度自治体予算案の説明を受ける
連合神奈川は神奈川県、政令市からそれぞれ平成27年度当初予算案の説明を受けた。
連合神奈川からは、柏木会長以下五役が出席し、横浜市・川崎市・相模原市の説明会には当該地域連合の役員も出席し、質疑応答を行った。
 
 
神奈川県経営者協会との政策意見交換会を開催 
 今年で33回目となる神奈川県経営者協会と連合神奈川の意見交換会が開催され、春季生活闘争における労使お互いの基本主張や政策課題について意見交換を行った。 
 
神奈川県中小企業経営者協会との意見交換を開催 
 2015年3月23日(月)、ワークピア横浜において、神奈川県中小企業経営者協会と連合神奈川との意見交換会を開催し、春連合神奈川季生活闘争や中小企業の景気動向などについて意見交換を行った。
 
 
 第11回教育を語る県民のつどいを開催
 2月23日(月)18:30よりワークピア横浜において、「教育を語る県民のつどい」を開催した。
 2012年時点における子どもの貧困率は16.3%と6人に1人の割合で貧困の状態にある。こうした「子どもの貧困」の現状と課題に対して、学校現場で何がおきているのか、何ができるのか、講演と現場からの報告を中心に集いを行った。
 
 
「2015年度に向けた政策・制度要求と提言」を提出 
 神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市、神奈川労働局に対して「2015年度に向けた政策・制度要求と提言」を提出し、次年度予算への反映を要請するとともに意見交換を行った。今年度の政策委員会では神奈川県全体では2018年をピークに人口減少に転ずると推計されている社会に対して、『将来を見据えた政策提言』に着手することととしたことも特徴である。 
 
第28回多聞善塾を開催 講師は後藤祐一衆議院議員 
 5月23日(金)夕刻、@解雇の金銭解決、A限定正社員制度、Bホワイトカラー・イクゼンプションについて「労働者保護ルールの改悪阻止に向けた民主党の対応」題しての講演をうけた。
 
神奈川県、政令市より平成26年度予算案の説明を受ける 
 神奈川県、政令市の平成26年度予算案が発表され、政令市の説明会には当該地域連合の役員も出席し、予算説明会が開催された。
 各行政からは、県知事、各市長が出席され予算編成にあたっての基本的な考え方や特徴を話していただいた。
 
 
政策・制度要求と提言に対して各行政から回答 
 神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市、神奈川労働局から、7〜8月にかけて提出した「2014年度に向けた政策・制度要求と提言」に対する回答を受け、柏木会長に回答書が手交された。
 回答にあたり各行政からは、要求と提言の内容について、財政の厳しさはあるものの、できる限り多くの意見を市政反映できるように努めたいとのあいさつがあった。
 連合神奈川および当該の地域連合からは、県民・市民生活の安心・安定と地域経済活性化に向けた諸施策についてあいさつした。その上で東日本大震災被災者連帯事業なども含めた行政との連携と、連合・地域連合を情報発信の拠点としてもらいたい旨を話した。
 今後、回答内容を分析・精査し、次年度の政策づくりへと繋げていきます。
回答の内容は「政策要求の回答」へリンク
 
第27回多聞善塾を開催 講師は牧山ひろえ参議院議員
 連合神奈川は、政策活動の取り組みの一環として、国政や県政の場に責任を持つ立場の方々の考えを直接聞き、現状の再確認や考え方の深化を図るため、2013年5月27日(月)18:30より、ワークピア横浜において第27回多聞善塾を開催した。
 今回は、牧山ひろえ参議院議員より、「国民の政治参加」をテーマに、様々な政治参加の形を取り上げながら現状と課題を幅広く話していただいた。
 
 
神奈川県の経営者団体と意見交換 
 連合神奈川は2013年3月11日、神奈川県経営者協会(神奈川経協)、3月19日、神奈川県中小企業経営者協会(中経協)と春季生活闘争を中心に意見交換を行った。意見交換では、神奈川経協とは雇用、中経協とは中小企業を取り巻く環境など幅広い意見交換が行われた。 
 
政策学習会「危機管理対応セミナー」を開催 
 2013年3月7日、神奈川県生産性本部主催の「危機管理セミナー」を活用しての催しとし、2013年度に向けた政策・制度要求と提言の中で『BCP(事業継続計画)の中に、大災害時の従業員の残留支援支援および備蓄等を組み入れることを強く指導すること』を重点要求としていたことも踏まえて、テーマをBCPに絞り学習することとした。
 
 
各行政から平成25年度予算案の説明を受ける 
  2013年2月14日から19日にかけて、連合神奈川は神奈川県、政令市からそれぞれ平成25年度予算案の説明を受けた。
 連合神奈川からは、野村会長以下五役が出席し、横浜市・川崎市・相模原市の説明会には当該地域連合の役員も出席し、質疑応答を行った。
 各行政からは、県知事、各市長が出席され予算編成にあたっての基本的な考え方や特徴を話していただいた。
 
「2014年度に向けた政策・制度要求と提言」の策定と実現の取り組み
(2013年度の政策活動)  
 連合神奈川は、市民、労働者の視点や労働組合としての社会的責任をふまえながら、「働くことを軸とする安心社会」の実現の歩みを止めることなく、国政・県政・市政などの生活全般に対応した政策制度の策定、実現に取り組むこととし、年間の政策活動を策定した。
 
 
第26回多聞善塾を開催-これからの教育政策 
 連合神奈川は、政策・制度策定の取り組みの一環として、国政や県政の場に責任を持つ立場の方々の考えを直接聞き状況の再確認や考え方の深化を図るため、2012年9月10日(月)18:30より、ワークピア横浜において第26回多聞善塾を開催した。本村賢太郎衆議院議員を講師に 「これからの教育政策について」をテーマ語っていただいた。
 
 
 
 
 
横浜市中区山下町24-1 ワークピア横浜4F  電話:045-211-1133 FAX:045-201-8866
Japanes TradeUnion Confederation-Kanagawa All Rights Reserved