「第88回かながわ中央メーデー」開催

 “「クラシノソコアゲ」・底支え、格差是正の実現とともに、

長時間労働を撲滅し、ハッピーライフを実現しよう!”

  「第88回かながわ中央メーデー」が4月29日(土・祝)、横浜みなとみらい21(MM21)地区・臨港パークで開催され、組合員とその家族をはじめ、関係団体など諸団体から約8800人(主催者発表)が参加し、長時間労働の撲滅、ディーセント・ワークの実現、格差是正の実現を訴えた。

なお、横浜地域連合中田議長は、昨年に引き続き式典議長を務めた。

主催者を代表し、連合神奈川柏木教一会長は、「罰則付き時間外労働の上限規制が法制化される。我々は労働運動で働きがいのある社会、仕事と生活を両立できる社会を求めてきた。しかし、長時間労働で命や健康を損なう仲間が後を絶たない。『KAROSHI(過労死)』という不名誉な国際語をなくすために取り組んでいく。全ての働く者の連帯で、暮らしの底上げと未来への責任を果たしていかなければならない」と訴えた。来賓として、黒岩祐治神奈川県知事、林文子横浜市長、各政党代表などが出席した。

林市長は登壇前に、横浜地域連合のブースに立ち寄り、五役や地区連合代表者に挨拶、その後に登壇した。林市長の挨拶時には、会場内の参加者数千人から激励のエールがおくられた。

林市長を激励する横浜地域連合五役

 

メーデー会場では、今年も「タオル1本運動」が行われ、約4千本のタオルが集まった。横浜地域連合は、ブース前で「STOP!長時間労働」街頭アンケートを実施し、長時間労働の是正をアピールした。また、横浜労福協と共催で「横浜F・マリノス」によるミニボーリングゲーム、「横浜ビー・コルセアーズ」によるフリースローゲーム、恒例となった「ボディジュエリー」を開設した。なお、ゲーム参加料は今年も復興支援に向けた基金にカンパされる。

「STOP!長時間労働」街頭アンケート実施