プライバシーポリシー

I. 個人情報の保護についての基本的考え方
私たちは、すべての働く人の賃金・労働条件の改善、働きやすい職場づくり、「労働を中心とした福祉型社会」に向けた政策・制度の実現などをめざす運 動・活動を行っています。その上で、それらの運動・活動を円滑に遂行するために、連合神奈川(本部・地域連合)が主宰する諸活動の中で何らかの役割 ・任務を担っていただいている方の「氏名」「所属組織名」「役職名」「性別」「所属組織における電話番号と住所」「業務用のメールアドレス」や、そ の他の皆さんの一部の個人情報を取得し、利用しています。
私たちは、労働組合のローカルセンターとしての責任を自覚し、これらの個人情報を保護することの重要性を踏まえ、以下の通り個人情報を取り扱います 。

  1. 個人情報保護法その他の関係諸法令を遵守するとともに、関係省庁ガイドラインおよび個人情報の適正な取り扱いに関する社会的ルールに準じ、適切に取り扱います。
  2. 適正な個人情報の取り扱いに向けて、連合神奈川の規約・規程・規則・本プライバシーポリシ
    ー・マニュアル等を必要に応じて改訂・整備し、連合 神奈川の役職員に周知徹底します。
    また、適宜、取り扱いの改善・見直しを行います。
  3. 個人情報の取得にあたっては、その利用目的を明確にし、それに従って個人情報を取り扱いま
    す。
  4. 個人情報の漏えい、紛失、改ざん等を防止するため、必要かつ適切な安全管理を行います。
  5. 連合神奈川運動に伴う実務を遂行するために提携・協力している事業者・団体、あるいは省庁 ・マスコミ関係者に対しても、適切に個人情報を取り 扱うように要請します。

以上の基本的考え方に基づき、具体的には以下の通り取り扱います。

II. 利用目的

  1. 連合神奈川が、運動方針・活動計画に基づき主催する各種催事や機関(大会・中央委員会・執行委員会)において決定した事項について、構成組織 ・単組の役員や組合員に周知し、諸行動への参加を要請するため
  2. 連合神奈川の機関会議(定期大会・中央委員会・執行委員会)・各種委員会・集会・セミナ
    ー・研究会等の運営など、連合および関連諸団体の諸活動を推進する際の基本的な事務に供す
    るため
  3. 連合神奈川と連合関連諸団体および連合構成組織間における円滑な連絡・調整等に供するため
  4. 各種アンケート・調査等を通した勤労者の意見・要望等を収集・分析し連合神奈川の政策・制
    度要求に活かすため
  5. 連合神奈川に対する労働相談等について、相談内容の把握とその解決に向けた事務のため
  6. 連合神奈川の発行する各種出版物・ニュース等の発送事務のため
  7. HPや冊子、電子媒体等を通して連合神奈川の運動・活動を広く一般に紹介するため
  8. 連合神奈川の役職員(退職者・非常勤役員を含む)の雇用管理のため

III. 第三者への提供
連合神奈川は、上記「2.利用目的」を達成する範囲において、業務を円滑に進めるため、業務の一部を委託し、その委託先に対して、必要な個人データを 提供することがありますが、この場合、連合神奈川は、その者に対して、個人データの適切な管理、使用終了後の適切な返還・廃棄等について安全に行うよう監督します。
さらに、以下のいずれかに該当する場合についても、個人データを第三者に提供する場合があります。

  1. 本人の同意がある場合
  2. 統計的なデータなど本人を識別することができない状態で提供する場合
  3. 法令に基づき提供を求められた場合
  4. 人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、本人の同意を得ることが困難で ある場合
  5. 国または地方自治体等が公的な事務を実施するうえで、協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

連合神奈川は、以上のいずれかに該当する場合を除き、個人データを第三者へ提供しません。

IV. 開 示
連合の持つ個人情報に関して、ご自身の情報の開示をご希望される場合には、ご本人であることを確認したうえで、適切な期間および範囲で開示します。

Ⅴ. 訂正・削除等
連合神奈川の持つ個人情報のうち、ご自身の情報について訂正、追加または削除をご希望される場合には、本人であることを確認したうえで、事実と異な る内容がある場合には、適切な期間および範囲で訂正、追加または削除します。

Ⅵ. 利用停止・消去
連合神奈川の持つ個人情報のうち、ご自身の情報について利用停止または消去をご希望される場合には、ご本人であることを確認したうえで、適切な期間 および範囲で利用停止または消去します。
ただし、これらの情報の一部または全部を利用停止または消去した場合、2.に示した連絡・発送等の対応ができなくなることもありますので、ご理解くだ さい。

Ⅶ. 開示等の受付方法・窓口
連合神奈川の持つ個人情報に関する、ご本人からの上記3.4.5.6に関する申し出およびその他の個人情報に関するお問い合わせは、以下の方法にて、受け 付けます。なお、この受付方法によらない開示等の求めには応じられない場合がありますので、ご了承ください。

(1)受付手続
下記の連合本部事務局に直接お越しいただくか、下記の宛先に郵便、電話、FAXまたはEメールでお申し出ください。
受付手続についての詳細は、申し出を受けた時点でお知らせしますが、下記の窓口・方法によりご本人(または代理人)であることを確認したうえで、書 面の交付その他の方法により、回答します。また、お申し出内容によっては、連合所定の書類にご記入・ご提出いただく場合があります。

≪受付けの方法・窓口≫
・郵便     (住 所)〒231-0023 横浜市中区山下町24-1ワークピア横浜4F 連合神奈川
・電話     (電話番号)045-211-1133
・FAX    (FAX番号)045-201-8866
・Eメール   (アドレス) kanagawa@rengo.or.jp
なお、受付時間は平日の午前10時から午後5時までとさせていただきます。

≪本人または代理人の確認≫
ご本人からお申出の場合は、運転免許証・パスポート・健康保険の被保険者証等を提示していただき、ご本人であることを確認させていただく場合があり ます。
代理人からお申出の場合は、代理人であることを、ご本人への電話等により確認させていただきます。
(2)代償措置・手数料
上記3.4.5.6に関する申し出に対応するために、膨大な事務や費用がかかるなどの事態が発生する場合は、協議の上、代償措置を取らせていただく場合が あります。また、利用目的やご本人の情報の開示に関わって、ご本人に手数料をいただく場合もありますのでご留意ください。

以  上

参考

写真・映像・音声に関する扱いについての考え方と対応


①考え方

  • 写真・映像・音声も個人を特定できるものであれば、個人情報であることに留意する。ただし
    通常検索性を有していないので、個人情報データベー ス等には当たらない。
  • 連合神奈川においてアーカイブ化する等何らかの検索性を持たせた場合は、連合神奈川の保有個
    人データとなることに留意する。
  • また、これらは利用の仕方によっては、本人の重大な権利・利益の侵害に当たることに留意す
    る。一方、広報・教宣活動等労働運動の日常の中でこれ らを頻繁に用いることにも留意する。

②対応

  • 現在すでに保有している写真・映像・音声等による個人情報は、その取得に際し利用目的に関す
    る本人同意があったと見なすが、本人から利用目的に 関する問い合わせや削除・利用停止等の申し出があった場合は、連合神奈川にとって著しく不利益になる場合を除き、速やかに本人に求める措置をとる。
  • 写真・映像・音声等による個人情報を取得する場合、その利用目的を事前に公表しておくか、取得後速やかに本人に通知する。具体的には、「HPで 常時明らかにしておく」「定期刊行物で常時明らかにしておく」「取得に際して利用目的を説明する」「実際の利用の段階で本人に連絡し了解を得る」等 の対応を図る。
  • 集会の全景写真等、個人の特定ができない、または特定が極めて困難であるものについては、個人情報と見なさない。ただし、これらをHPや各種印 刷物等に利用した場合であって、写っている個人から削除・利用停止等の申し出があった場合、利用に関して理解を得られるよう本人と誠意を持って協議する。HPにおける掲載等、比較的容易に削除・差し替えができ、それを行うことが連合にとって著しく不利益にならない場合は、速やかに本人に求める措置をとる。
  • 当初目的と異なる利用は原則的に行わないが、やむを得ず別の目的に利用する場合は、必ず事前に本人の了解を得る。 オ)連合神奈川内については、業務に供するのであれば、原則的に自由に貸し出しできるものとする。他者への貸し出しについては、必ず事前に本人の了解を得る